【重要】妊活中の女性と妊婦がカフェインを控えた方がいい理由

妊活・妊娠中カフェイン ▸出産・産後
スポンサードリンク

妊活・妊娠中はカフェインを控える

妊活・妊娠中はカフェインが入っている飲み物は飲んではいけないんですか?

 

妊活・妊娠中にカフェインが含まれた飲み物を飲んではいけないというわけではありませんが控えた方がいいです。

 

妊活・妊娠中はカフェイン入りの飲み物を控えた方がいいとよく耳にしますが、理由を知らない人が多いのではないでしょうか?

 

今回は、なぜ妊活・妊娠中にカフェイン入りの飲み物を控えた方がいいのかやおすすめのノンカフェインの飲み物をご紹介します。

 



スポンサードリンク

妊活・妊娠中にカフェインを過剰摂取するとどうなるの?

カフェインが妊婦さんに与える影響にについては確定的なことはわかっていませんが

 

 

カフェインを過剰摂取するとどんなことが起こる可能性があるかをご紹介します。

 

補足!

妊活中の女性は妊娠している可能性もあるので、できるだけカフェイン入りの飲み物は控えましょう。

ママへの影響

①イライラすることがある

②不眠になりやすい

③頭痛が起きることがある

④貧血になる可能性がある

 

①イライラすることがある

カフェインを大量に摂取すると交感神経が高ぶって、神経のバランスが崩れることがあります。

 

また、カフェインを大量に摂取することで目が冴えてしまい、睡眠不足になりイライラすることがあります。

 

②不眠になりやすい

カフェインを大量に摂取すると「眠りにくくなる」ことは有名ですよね。

 

特に夜寝る前にカフェイン入りの飲み物を飲むと寝つきが悪くなるので、カフェイン入りの飲み物は控えましょう。

 

③頭痛が起きることがある

カフェインを大量に摂取することで脳が冴え、寝不足になり頭痛を引き起こすことがありますが

 

普段から大量にカフェインを摂取していた人が急にカフェインの摂取を控えると頭痛がひどくなる人もいるので

 

普段から大量にカフェインを摂取していて、頭痛がする人は特に妊活中・妊娠中はカフェインを摂取する量を少しずつ減らすことをおすすめします。

 

④貧血になる可能性がある

カフェインが含まれている飲み物の代表がコーヒーですが、コーヒー以外にもお茶や赤ワイン、コーラーなどにもカフェインは含まれています。

 

コーヒーやお茶などにはタンニンと呼ばれる成分が含まれており、タンニンは鉄分を体内に取り込むのを妨げる作用があります。

 

貧血になりやすい妊婦さんは鉄分を摂取する必要があるため、鉄分が含まれた葉酸サプリなどで必要な鉄分を補います。

 

せっかく葉酸サプリなどで鉄分を補ってもカフェインで鉄分が体内に取り込めないのは困りものです。

 

【鉄分が多く含まれたおすすめの葉酸サプリ】

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸サプリの中でもとても有名で、多くの妊活中・妊娠中・授乳中の女性から支持を集めています。

 

値段もお手頃でほかの葉酸サプリに比べると葉酸だけでなく、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルを多く含み女性にはうれしい美容成分も含まれています。

 

詳細・購入はコチラ⇒【ベルタ葉酸サプリ】

赤ちゃんへの影響

①低酸素状態になる可能性がある

②発達障害になる可能性がある

③低体重になる可能性がある

④早産や流産の可能性がある

 

①低酸素状態になる可能性がある

カフェインは血管を収縮する作用があるため、カフェインを過剰に摂取すると胎盤の血管が収縮し

 

お腹の赤ちゃんに酸素や栄養素が十分に行き渡らず低酸素状態になってしまう可能性があります。

 

②発達障害になる可能性がある

カフェインを過剰摂取することでお腹の赤ちゃんが低酸素状態になってしまうと発育障害になってしまうことがあります。

 

また、カフェインは神経を興奮させる作用があり、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんにも伝わってしまうので成長に影響が出ることがあります。

 

③低体重になる可能性がある

カフェインは血管を収縮する作用があるため、子宮へ流れる血行が悪くなり

 

お腹の赤ちゃんに栄養が届きにくくなり、赤ちゃんが低体重で生まれてくることがあります。

 

④早産や流産の可能性がある

妊娠初期は赤ちゃんの胎盤が形成されるとても大事に時期で

 

妊婦さんがカフェインを過剰摂取すると血管が収縮されお腹が張ってしまい、早産や流産につながる可能性があります。

 

妊婦はカフェイン入りの飲み物はいつから控えるべき?

妊活・妊娠中カフェイン

 

妊活中の方はいつ妊娠しているかわからないので、できるだけ妊活中もカフェイン入りの飲み物は控えましょう。

 

妊婦さんは飲んだものや食べたものがお腹の赤ちゃんに移行されるので、妊娠初期からカフェイン入りの飲み物は控えましょう。

 

妊婦さんの1日のカフェインの目安摂取量

日本では、今現在カフェインの摂取量の規定量や目安量は決まっていませんが、1日1~2杯程度を目安にすることをおすすめします。

 

日本以外の世界では妊娠時のカフェインの規定量や目安量が決まっている国もあるので、参考までに記載します。

 

世界保健機関(WHO)

妊婦がカフェインを過剰摂取すると胎児の発育を阻害する可能性があると指摘し

 

妊婦のコーヒーの摂取量は1日3~4杯まで、お茶の場合はその倍量程度と定め

 

1日に300㎎以上のコーヒーを飲む妊婦には胎児の成長遅延や出生時の低体重、早産や死産の可能性があると注意喚起を行っています。

 

英国食品基準庁(FSA)

カフェインの取りすぎにより低出生体重となり、健康状態のリスクが高くなる可能性があることから

 

妊婦のカフェインの1日の摂取量は200㎎(コーヒーをマグカップ2杯程度)と定めています。

 

カナダ保険省(HC)

妊婦のカフェインの1日の最高摂取量は300㎎(237ml(8oz)のコーヒーカップ約2杯分)

 

その他の健康な成人は400~450gまでと定めています。

 

妊婦のカフェインの摂取量は世界的に見ても200~300㎎までを推奨しています。

 

コーヒーの場合は約2~3杯程度です。

 

日本では妊婦が1日に摂取してよいカフェインの量の規定や目安はありませんが

 

胎児への影響を考えると 1日2杯程度にしておくのがよさそうですね。

 

 

妊活・妊娠中にカフェイン入りの飲み物が飲みたくなった場合の対処法

カフェインについて助産師さんの回答

妊婦の間はノンカフェン生活を送った方がいいけれど

 

 

普段からコーヒーなどが好きな人はコーヒーを飲まないことでストレスが溜まってしまうぐらいなら

 

 

1日1~3倍程度のコーヒなら飲んでもいいですよ。

 

 

カフェインはすぐに害が出るものではなく、1日に9杯以上飲むと害が出ると言われていて

 

 

実際に人間で臨床実験ができないから、断定はできないけどカフェインの過剰摂取は体にも胎児にも悪いから控えましょうね。

 

 

妊婦さんにおすすめのノンカフェインのコーヒーやお茶などもあるから、お気に入りを見つけてみてね。

 

 

それから、普段飲んでいるコーヒーを薄めてみたり、量を減らしてみたりと自分なりに工夫してみてください。

 

 

それから、夜寝る前にコーヒーを飲むと目が冴えて眠れなくなるから

 

 

朝やお昼過ぎのティータイムに楽しみながら飲むのがおすすめだよ。

 

私は4児の母で、初めての妊娠時に助産院で赤ちゃんを産もうと思い見学に行きました。

 

その時にカフェインについて助産師さんからいろいろと教えていただきました。

 

出産は私が緑内障のため、助産院では生むことができないので結果的には総合病院での出産になりましたが

 

妊娠時にカフェインをどのぐらい摂取してもいいのかなどの知識を得ることができてよかったです。

 

妊活・妊娠中におすすめのノンカフェインの飲み物

麦茶

夏の定番の飲み物の麦茶にはカフェイン入りの麦茶もあるので要注意!!

 

ノンカフェインの麦茶もたくさん売っているので自分の好みのノンカフェインの麦茶を見つけてください。

 

おすすめのノンカフェイン麦茶

 

 

たんぽぽ茶



たんぽぽ茶は母乳育児を目指したいママにもおすすめのお茶ですが、ノンカフェインで鉄分やビタミンB2も含まれているので妊婦さんにもおすすめです。

 

また、氷を入れたり冷やしてアイスで飲むこともできますが、妊婦さんは体を冷やしてはいけないので常温やホットで飲むことをおすすめします。

 

おすすめのノンカフェインたんぽぽ茶



詳細・購入はコチラ⇒ノンカフェインタンポポ茶

 

ゆず茶

 

妊娠時に柚子の香りが苦手な人にはおすすめしませんが、ゆずのさわやかな香りや味わいで癒される人にはおすすめです。

 

また、ゆず茶にはミネラルや鉄分、ビタミンCなどが含まれていて美肌効果が期待できるので、肌荒れが起こりやすい妊婦さんにもおすすめです。

 

おすすめのノンカフェインゆず茶

 

ルイボスティー



「ルイボスティー」は昔から不老長寿のお茶、奇跡のお茶といわれるほど健康や美容に特化したお茶でミネラルが豊富に含まれ、抗酸化作用が高いのが特徴です。

 

「ルイボスティー」は、少し香りや味にクセがあるため妊娠中「ルイボスティー」の臭いで気持ち悪くなるなどのつわりがある人や

 

もっと栄養価の高い「ルイボスティー」を飲みたいという方には全くくせがなくまろやかで飲みやすくおいしいと評判のvegestory【グリーンルイボスティー】がおすすめです。

 

おすすめのルイボスティー



詳細・購入はコチラ⇒癖がなくて飲みやすい!【グリーンルイボスティー】

 

ローズヒップティー

 

ローズヒップティーは少し酸味があり、ビタミンCがとても豊富です。

 

ティーライフのローズヒップティーは飲みかけでも商品に満足できなかった場合は

 

飲みかけでも30日間返品・返金保証があるので、つわりがある妊婦さんは安心して試すことができます。

 

おすすめのローズヒップティー

 

たんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーノンカフェイン妊婦

 

コーヒーを飲むことが日常になっている方にとっては、妊娠時にコーヒーが飲めないのはかなりストレスですよね。

 

コーヒーの代用におすすめなのが「たんぽぽコーヒー」です。

 

コーヒーなのに小さいお子さんも安心して飲めるので、赤ちゃんのきょうだいがいるご家庭でも安心して家族そろって飲むことができます。

 

また、「たんぽぽコーヒー」は母乳育児を目指すママにも人気なので、妊活・妊娠中だけでなく授乳中にもおすすめのコーヒーです。

 

おすすめのノンカフェインたんぽぽコーヒー



詳細・購入はコチラ⇒ノンカフェインのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」

 

妊活・妊娠中のカフェイン摂取のまとめ

私が初めて妊娠した時は、すべてにおいて初めてのことだらけで無知でしたが

 

助産師さんに1日のカフェインの摂取量の目安や妊婦がカフェインを過剰摂取をするとどんな影響があるのかなどを教えてもらいとても勉強になりました。

 

特に第一子の時は飲み物も食べ物も気を使いました。

 

第二子以降はノンカフェインの飲み物をその日の気分で色々とチョイスして妊婦の時期や授乳期間中を乗り越えました。

 

第四子からはだいぶ気も緩みたまにコーヒーなどを飲んでしまった日もありますが、1日に2杯以上飲むことはなかったので4人とも元気に育ってくれています。

 

妊婦生活は短いようで長いですが、大変な時期だからこそストレスをためすぎず、コーヒーが好きな人は無理してやめるのではなく

 

コーヒーを飲む量を減らしたり、薄くしたり、コーヒーの代用になるノンカフェインのたんぽぽ茶に変えてみたりと

 

色々と工夫をして楽しい妊婦生活を過ごしてください。




スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました